Harakara blog

 

 

 

♩はじめまして、Studio HARAKARA の看板犬「エル」です。彫刻家カズさんの工房の様子や旅の出来事を、こっそり綴っているブログです♩

ホピ族のジュエリー


先日、カズさんの友達で、アメリカ先住民族、ホピ族(水氏族)のルーベンさんが日本に来ていたので、会いに行ってきました。ルーベンさんはホピ族に伝わる素晴らしい知恵を、日本の人々にも伝えるなどの活動をしています。詳しくはこちらをご覧ください。カズさんがルーベンさんと出会ったのは、もうずっと前のこと。カズさんが、ルーベンさんの住むホピ族の地域の近くを旅した時に知り合いました。ルーベンさんはホピ族の伝統的な技術でシルバージュエリーを創るアーティストなので、アーティスト同士、カズさんとすっかり仲良くなりました。ルーベンさんは、カズさんが創った「イルカのフジの人工尾びれ」の話に感動して、カズさんに何か自作のジュエリーをプレゼントしたいと言ってくれたそうです。カズさんはとても嬉しくて、お返しに何かジュエリーを創ってプレゼントしようと考えました。その頃カズさんは、アクリル彫刻だけを作っていたのですが、ルーベンさんにお礼の心を伝えるために、ジュエリーを初めて創りました。その時に二人が交換したのが、下の写真です。


ルーベンさんがカズさんにプレゼントしてくれたジュエリー

 


カズさんがルーベンに創ったジュエリー。そしてこれが初めて創ったジュエリー作品。



カズさんの所有のルーベンさんのジュエリー


 

カズさん所有のルーベンさんのジュエリー



カズさんのジュエリーは龍や蓮といった水を連想するモチーフや、イルカやクジラなどの海を連想するモチーフの作品。こだわってコレクションした天然石と組み合わせて、とってもみずみずしくて綺麗な作品ばかりです。明日から始まる彫刻展では、そのジュエリーの新作が勢ぞろいしましたので、ぜひ一度実物をご覧いただきたいなと思います。

蓮のお花のシルバー彫刻の中にはエメラルドが、お花に寄り添う大きな深い色の石は、スペクトロライト(フィンランドの石)

 


奥)黄色い石は、トパーズ(ミャンマーの石)

 

手前)青い石は、ブルートパーズ(スリランカの石)



 

 

とっても優しいルーベンさんは、エルとも仲良しなんですよ。家に遊びに来た時の写真です。ルーベンさん、また、来年お会いしましょう!




(Photo: Kaz Yakushiji)

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。